誰にも聞けないスーツの選び方から着こなしまで

スーツの色で自身をブランディングしよう

着用するスーツの色によって、周囲に与える印象が変わってきます。あなたが、どんな人に見られたいかを頭に入れながら、スーツの色を選ぶのも一つの方法です。

 

ネイビー系スーツ

日本において、最も好まれているネイビーのスーツ。ビジネスシーンの定番です。ネイビーのスーツやシャツやネクタイなどとのコーディネートがしやすく、知的で誠実な印象を与えるため好まれています。一方で、個性が出にくく地味になりがちな一面も。シャツやネクタイで「なりたい自分」を演出しながらアピールするとよいでしょう。また、色味が明るく鮮やかになるほどカジュアルな印象が強くなるため、就職活動や改まった場で着用する際には、深みのある濃紺のスーツを選ぶのがおすすめです。

 

グレー系スーツ

ビジネスシーンにおいては、定番のグレー系。ひと口にグレーといっても濃淡によって印象ががらりと変わり、淡いグレーほどカジュアル感が増します。リクルートスーツとして着用するのであれば、ダークグレーを選ぶと、誠実で落ち着いた印象を与えられるはずです。逆に、ライトグレーのスーツを選べば、パーティーやイベントなどの華やかな場に相応しい装いができます。

 

ブラック系スーツ

フォーマル感の強いブラックスーツ。最近では、ブラック系でもストライプの地紋が入ったものや、かぎりなく黒に近いダークグレーのスーツをビジネスで着用するのは問題ないと言われています。ただし、漆黒のスーツはビジネスシーンにおいては避けたほうが無難です。