誰にも聞けないスーツの選び方から着こなしまで

入学式に着るスーツ

男性が初めてスーツを着るシチュエーションとして頭に思い浮かぶのは、大学の入学式ではないでしょうか。「入学式はスーツで」という指定がない場合でも、入学式に出席する学生の大半がスーツを着用するのが一般的。

ところが、いざスーツを買いに行こうと思っても、どんなものを選んでよいのか迷ってしまうでしょう。友人と一緒にスーツ選びに行っても、結局何を買ってよいのかわからず、改めてご両親と一緒に出なおしたという方も多いはず。

 

ここでは、入学式に着用するスーツ選びについてお話します。

入学式でおすすめ&人気のある色は、ネイビー。グレー系やブラックのスーツでも問題ありません。ブラックのスーツは冠婚葬祭にも利用できるため、「1着目のスーツはブラック」というも多いかもしれませんが、せっかくの晴れ舞台である入学式。ですから、できればブラック以外のネイビーまたはグレー系の無地のものの中から、2つボタンのものを選ぶのがおすすめです。

 

スーツが決まったら、シャツ選び。シャツは真っ白でなければいけないということはなく、色のついたものが柄物でもOKです。ただ、ネクタイを合わせてみて、あまりうるさくなりすぎないように注意しましょう。

成人式に着るスーツ

seizin

男性の場合、成人式でもスーツを着用される方が大半です。もちろん、入学式の際に用意したスーツでも問題ありません。もしくは、入学式のスーツを購入する際に、成人式に着用することも考慮して選ぶのも一つ。

ここでも、冠婚葬祭にも使えそうなブラックのスーツは避けたほうが無難です。一方で、「成人式だから」といってあまり派手なものを選んでしまうと、その後の用途に困ってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

成人式に新たにスーツを用意するのであれば、色はチャコールグレーや濃紺。無地のものを選んでおけば、その後の就活にも応用できます。「成人式だから少し華やかな雰囲気にしたい」と思うのであれば、シャツやネクタイで遊べますから、スーツは無難に無地を選んでおくのがおすすめ。

逆に派手なスーツを選んでしまうと、シャツやネクタイがコーディネートしづらくなります。とはいえ、一見すると無地のようでよく見るとストライプ程度の柄なら、問題ありません。

 

また、成人式というおめでたいイベントですから、思いきってスーツをオーダーするのもおすすめです。最近ではリーズナブルでコスパのよいオーダースーツも多く、自分の体型にぴったりフィットするものができるのが最大のメリット。ご両親にプレゼントしてもらえると嬉しいですね。

リクルートスーツの基本

就活時のスーツ選びは、誰もが慎重になるもの。というのも、スーツがその人物の印象を大きく左右するからです。そのため、面接時に好印象を与えるかどうかが、大きなポイントとなります。また、入社後にも着用できるかどうかも考えながら、リクルートスーツを選ぶとよいでしょう。

 

まず、リクルートスーツの色は、ブラックまたは黒に近いダークグレー、または濃紺が無難です。業種や企業によって多少の差はありますが、「黒に見える」色を選んでおけば間違いありません。就活の際には、その人の個性をアピールする必要はなく、「面接官にきちんとした印象を与える」ことが重要です。

 

できれば、就活用のスーツは23着あったほうがよいので、1着目はブラック、2着目は濃紺を選ぶのもおすすめ。同じスーツを毎日着ていると、どうしても使用感が出てしまうため、23着のスーツをうまく着回すようにしましょう。そのため、「就活の時にしか着ないから」といって安価なものに走るよりも、就職後にも長く着られるように、ある程度質のよいものを選んでください。

 

最近では、既製品と同じような価格で手に入る質のよいオーダースーツもあります。まずは、購入する前に念入りにリサーチすることから始めましょう。

結婚式に出席するときは

chapel

結婚式に出席する際に着用するのは、フォーマルなブラックスーツ。グレーやネイビーでもダークな色合いのものを選べば、問題ありません。結婚式のスーツを選ぶ際に頭に入れておかなければいけないのは、新郎新婦よりも目立たないこと。また、日頃着用しているビジネススーツは、お祝いの席にはふさわしくないと心得ましょう。

 

結婚式でスーツをコーディネートする場合、シャツは白が基本です。ブラックスーツにあわせるネクタイは、白またはシルバーグレーが一般的ですが、蝶ネクタイでもOK。ダークスーツの場合でもシャツは白で、ネクタイは派手すぎないものであれば特に指定はありません。水色やピンクなどのパステルカラーを選ぶと、おしゃれなイメージになります。

ただし、結婚式に黒のネクタイはNGなので、それだけはしっかりと頭に入れておきましょう。

 

また、ポケットチーフを使うとアクセントになるのでおすすめ。ブラックスーツの場合には白、ダークスーツの場合にはネクタイの色とあわせたポケットチーフを入れると、洗練された印象になりセンスのよさをアピールできます。

 

最後に、結婚式のスーツに合わせる靴は黒。革またはエナメル素材で、ひも靴を選べば大丈夫です。その際に、ベルトの色も黒を選ぶと統一感が出ます。