誰にも聞けないスーツの選び方から着こなしまで

色や柄で与える印象が変わる?

 

suit

スーツが決まったら、次はネクタイ選びです。同じスーツでもあわせるネクタイによって、雰囲気ががらりと変わります。そのため、スーツを着用する目的やシチュエーションによって使い分けが必要。自分をどういうイメージに見せたいかによっても、選ぶポイントが変わることを頭に入れておきましょう。

 

ここでは、ネクタイの色や柄によって与える印象の違いを見ていきます。

 

ブルー系のネクタイ

日本人にもっとも好まれているといっても過言ではない、青系のネクタイ。知的な印象を与え信頼感を高める色として知られているため、就職活動やビジネスシーンの中でもかしこまった場面におすすめです。ネクタイを初めて買う方は、青系を選べば間違いありません。

コーディネートするスーツにもよりますが、あまりシックな青色のネクタイをあわせると、誠実を通り越して「暗い」印象を与えることも。就活の際に「フレッシュさに欠ける」と思われないためにも、ブルー系の中でもさわやかなものを選びましょう。

 

イエロー系のネクタイ

黄色はコミュニケーションカラーと呼ばれ、親近感を与える色として知られています。黄色は人を明るくして親近感を与えるため、「コミュニケーションカラー」と呼ばれています。「あまり自分に自信がもてない」という人は、積極的に取り入れると明るく元気な印象を与えられるはずです。

色によって与える印象が変わる?

スーツを着用するシーンや目的によって、あわせるネクタイの色も考慮しなければなりません。また、自分をどういうイメージに見せたいかも考慮しながら、ネクタイを選ぶとよいでしょう。

 

赤系のネクタイ

ビジネスシーンにおいて、真っ赤なネクタイを締める機会はめったにないかもしれませんが、赤系の中でも落ち着きのあるエンジ色のネクタイはおすすめです。赤は「情熱」「勇気」を表す色としても知られていて、自分の存在やモチベーションを周囲にアピールできます。ビジネスシーンの中でも「ここ一番」という勝負のときや、就活の最終面接の際に着用するのもよいでしょう。

 

ピンク系のネクタイ

顔映りがよいだけでなく、ピンク系のネクタイはあたたかみのある優しい印象を与えます。スーツが落ち着きのあるダークカラーに、淡いピンクのネクタイを合わせると洗練された雰囲気に。女性ウケもよいので、仕事帰りのデートやイベント、合コンなどにもおすすめです。

 

黒・グレー系のネクタイ

黒やグレー系のネクタイは、知的で落ち着いた印象。ブルー系よりも、ややスタイリッシュな印象になります。ただし、ブラックのスーツに黒いネクタイをあわせると喪服に見えてしまうため、スーツやシャツとのコーディネートには注意が必要です。

ビジネスシーンにおすすめの定番柄

ネクタイの色だけでなく、柄によっても印象ががらりと変わります。

 

ソリッド(無地)

目的やシーンを選ばず使える定番の柄がソリッド。単色無地だけでなく、同色系の地紋が入ったものもあります。リクルートスーツにも合わせやすいので、1本もっていると便利です。

 

ストライプ

認知度の高いレジメンタルストライプのほかにも、「ペンシルストライプ」「マルチストライプ」などがあります。知的で若々しい印象を与え、好まれています。ネクタイに使用されている色が3色程度であれば、ビジネスシーンでも使いやすいでしょう。

 

小紋柄

小さな模様が規則的または不規則に入ったもので、柄が大きいとカジュアルに、細かいほど落ち着きのある誠実な印象になります。ビジネスシーンでも、コーディネートしやすい柄の一つです。

 

ドット(水玉)

さわやかな印象を与えるドット柄は、特に春夏に好まれます。ドットが大きいほどカジュアルになるため、ビジネスシーンで使用する場合には、細かいドットのものを選ぶのがおすすめです。

 

クレスト(紋章)

トラッドなスタイルでは定番柄の一つで、月や星、動物をモチーフにした紋章柄です。ストライプを組み合わせたものを「ロイヤルクレスト」と呼びます。

 

チェック

ややカジュアルな印象を与えるチェック柄。ビジネスシーンで使う場合には、色味の少ないものを選ぶのが無難です。